引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越し トラック 道幅

 

引越しで使うトラック、いろいろなサイズが用意されていますが、理想的なのは荷物が乗り切る一番小さいサイズです。
トラックが大きいとガソリン代や高速代などの経費がかかるので、トラックは小さめのほうがお財布に優しいのです。

 

しかしトラックの大きさが決まっても、物件に面する道路の幅が狭い場合は注意が必要になります。
トラックの大きさと道幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本には狭い道路も多く、都会ではトラックを停車して作業をする場所を確保するのも難しいです。

 

もし家財が多いのに大きなトラックが使えない場合は、小さなトラックを2台使うか離れた場所にトラックを停めて台車でトラックと物件を往復して運ぶことになります。

 

いずれの方法も費用がかさむので、どのように引越しするのが一番効率が良いか引越し業者と相談しておきましょう。