引越し キャンセル

引越しのキャンセルについて

引越し キャンセル

 

病気や入院、緊急の手術、交通事故、ほかにも急な仕事ですでに予約してあった引越しができなくなることがあります。

 

この状況でキャンセルする場合は完全にこちらの都合になるのですが、引越しのキャンセル料はどのくらい必要になるのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

つまりこれによると、キャンセル料は引越しの前日・当日のキャンセルにのみ請求されるようですね。
これは思っていたよりも親切ですね。

 

しかし引越し業者の立場にしてみれば、ギリギリのキャンセルでキャンセル料も請求できないなんて辛い話です。

 

どうしても引越しをキャンセルするしかない場合は、キャンセルしなければならないことが分かった時点で連絡してあげてください。
引越し日までに時間が少しでもあれば、他の人の予約を新たに入れるチャンスがそれだけ多くなります。