タンス 運ぶ 挨拶

引越しとご近所への挨拶

引越し 挨拶

 

引越しの時にご近所への挨拶はちょっと困りますね。
でも新生活を気持ちよく始めるためにも、やはり挨拶はしておいたほうが良いです。

 

引越ししたその日か遅くても翌日までにはご近所へ挨拶に行きましょう。
案外早いので驚くかもしれませんね。

 

なぜそんなに早く行く必要があるかと言うと、廊下や道路でバッタリ会うと挨拶に行くタイミングを失うからです。
また引越し作業で多少なりとも迷惑をかけるかもしれません。

 

引越しの当日は忙しいですが、合間を縫って挨拶しに行きましょう。

 

手ぶらで行く方もいますが、初対面ですから手土産があったほうが印象が良いですし気分的にも行きやすいです。
高価なものでなく、500〜1000円程度のもので構いません。
お菓子、お茶、洗剤、タオルなど消耗品が喜ばれます。

 

さて挨拶に行くと言っても、どこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

一戸建ては昔から「向こう3軒両隣」という言葉があるように、自分の家の両隣と向かいの家、さらにその両隣の合計5軒に行くのだそうです。

 

あと戸建ての場合はゴミ捨て当番や地域のお祭りへの参加などの自治会があるので、マンションなどと違う点があります。
自治会長さんにもご挨拶しておくといいかと思います。

 

マンションやアパートの場合は、上下左右の部屋の方にあいさつしましょう。
集合住宅の生活音はお互いに響きますので、少しでもイメージアップをしておきたいですね。