タンス 運ぶ 料金

タンスを運ぶ料金|安さにこだわる運送方法はこれ

タンス 運ぶ

タンス 運送

タンス 送る

タンス 配送

タンス 輸送

 

タンスは思っている以上に重いです。
無理に移動させると壁や床を傷付ける恐れがありますし、危険です。

 

タンスを運ぶなら移動を格安で簡単にする方法を確認しておきましょう。引越し業者に依頼するのがおすすめです。
格安に移動してくれる業者選びなら、一括見積もりがオススメです。

 

タンス 運ぶ 費用

 

箪笥などの家具の移動を請け負ってくれるのは、引越し業者と便利屋、大手の運送業者くらいです。

 

その中で1番数が多いのが、引越し業者です。
業者間で競争がないと費用は安くなりません。

 

だから引越し業者がオススメなのです。
実はあまり知られていませんが、箪笥を1階から2階に移動して欲しいなどという依頼でもやってくれる引越し業者もあります。

 

是非、一括見積もりをご活用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

引越しのオプションとは?

 

タンス 運ぶ オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用の合計です。
ではこの「オプション費用」とはどんなもののことを差すのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設はまず素人には出来ません。
コンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って、室外機ともつながっているため電器屋さんに依頼しなければなりません。

 

自分で買ったエアコンなら、新居にも持って行きたいと当然思います。

 

そこで引越し業者のオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

さて運転が得意な方なら、「車の陸送」なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれません。
しかし遠距離の引越しの場合、東京から九州まで1人で運ばなければならない場合もあります。
自分で車を運ぶには時間に余裕があって、運転と体力に自信がないとできませんね。
ですから「車の陸送」をオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありません。
それに他の家具に比べても高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

トラックのレンタカーでタンスを運ぶ

 

レンタカー トラック タンス

 

レンタルトラックでtタンスなどの大きな家財を運べば、安く運ぶことができるのではないだろうか?
誰しも一度は頭をよぎりますね。
実際はどうなのか、いろいろな目線でシュミレーションをしてみました。

 

まず普通免許で借りることの出来るトラックは2t未満です。
2t未満のトラックを調べると1tトラック・1.5tトラック・軽トラックがあり、荷台の大きさはだいたい以下の通りです。
どのくらいの大きさの家具を何個運ぶかによってトラックのサイズを決めてくださいね。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

費用の面ではどうでしょう?
トラックのレンタル料は、どのサイズも1日7000円〜10000円くらいが相場です。
最後にガソリンを入れ、レシートを提示しながらトラックを返却しなければなりませんから、使った分のガソリン代もかかります。

 

これだけなら安いといえますが、大きな家具があるときは1人では運べません。
手伝いをしてくれる人が必要です。そしてその方への謝礼・お茶やお弁当を用意しましょう。

 

レンタルトラックでタンスを運ぶときの最大の問題は距離です。

 

配送先が近くであれば非常に効率的ですが、遠距離になるとそうはいきません。
往復の交通費か、トラックを借りた店舗と違う店舗へ返却するための手数料のいずれかを払う必要があります。

 

この場合は「安く運ぶ」という目的が非常に微妙ですから、引越し業者へ見積もりを取って比較することをオススメします。

 

 

引越しの時期と費用

 

引越し 費用

 

引越し費用はできれば安い方が嬉しいですよね。
一括見積もりをすれば、一番安い引越し業者を見つけることができますが、もっと安くなるかもしれません。

 

もっと費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に「引越し条件」を見直して変えてみませんか?
もし出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。

 

まず3月の引越しはどうしたって高いので避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることがまず出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用があまり安くなりません。
狙い目はズバリ平日です。平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しで比較するなら、午後引越しの方が費用が安くなります。
多くの人が朝から引越し作業を始めて夜には荷解きをしたり、落ち着きたいと思っていますから、午後の引越しは人気がないのです。

 

午後からの引越しは予定よりも遅れることもが多々あるので、時間と気持ちに余裕がないとイライラします。
しかしその分割引されるチャンスが高いので、費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せするフリー便も、引越し費用が安くなるのでオススメです。

 

 

引越し費用と繁忙期

 

引越し費用 繁忙期

 

引越し業者が3月が繁忙期で、この時期は1年で最も引越し費用が高くなります。

 

なぜなら新学期を前に引越しが集中するからです。
最悪の場合は見積もりの段階で断られるほど、引越し業者は大忙しです。

 

新学期の前になると新大学生や大学の近くで一人暮らしを始めたり、新社会人が会社の寮に入ったりします。
春の人事異動も同じ時期なので、辞令の出たサラリーマンは単身赴任をしたり、家族で引越しをしなければならないのです。

 

時期をずらすことが出来ればいいのですが、学校の関係もあるのでそうもいきません。
同じ重さの荷物を同じ距離運ぶのに、費用が違うなんて引越し業者だけの独特なシステムですね。

 

繁忙期はスタッフを増員したり、残業になることが多いので引越し業者も人件費を多く設定しています。
よって繁忙期の引越し費用は通常期に比べて、高額となるのです。

 

 

引越しと粗大ごみの処分方法

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しの時には不要品がたくさん出ますね。
小さなものは日々のゴミ出しで少しずつ処分することができますが、大きな家具や家電、いわゆる粗大ごみはそうはいきません。

 

粗大ごみの中には家電リサイクル法で決められた家電がいくつかあります。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
これらの家電を処分したいときは家電を購入した家電量販店か買い替えを検討しているお店でのリサイクルが必要です。
もしお店が近くない場合は、お住いの自治体のリサイクルサンターなどに相談してみましょう。

 

ではほかの粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの処分方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話で回収日を予約します。処理センターの名前はリサイクルセンターやリサイクルプラザなど自治体によって異なります。

 

その後、コンビニ・スーパーで販売している粗大ごみシールを買います。
このシールを粗大ごみに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば、回収業者が回収に来てくれますというものです。

 

ちなみに粗大ごみシールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。粗大ごみシールは回収手数料なのです。
貼っていないものはついでに持って行ってくれたりはしませんのでご注意ください。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を聞かれますので、申告漏れがないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。